掲示板
小泉エリのエッセイ「そよかぜ」
〜 新着順一括表示ページ 〜
エッセイを新着順で一括表示します。
小泉エリホームページ

[ 新規投稿 ]  [ 新着順一括表示 ]  [ 新着順タイトル表示 ]  [ ツリー表示 ]


表示件数
[00360]☆年末その2☆ 削除
投稿者:☆小泉エリ☆
投稿日時:2009/12/28 01:01:04

もこもこ靴下。
いっぱい集めてます。
今年は特に可愛いパステルカラーがたくさん。
今年の冬もこの靴下で乗り切りたいと思います。
ピアスやヘアーアクセももこもこしてて見ているだけでも楽しいですよね。
もうすぐ今年も終わりますが、いいお正月を迎えましょうね!!

(PC等)


[00359]☆年末〜その1☆ 削除
投稿者:☆小泉エリ☆
投稿日時:2009/12/28 00:49:50

気づいたらクリスマスも終わり、最近は「よいお年を。」
という言葉をよく耳にするようになりましたね。
そうです。
もう2009年も終わりに近づいているのです。
最近は寒いのでもこもこグッズが大活躍しています。
毎年暖かいものを買うが好きなので、今年は特に品数が豊富♪
一番のお気に入りは・・・。

(PC等)


[00358]☆はっきょいその4☆ 削除
投稿者:☆小泉エリ☆
投稿日時:2009/11/25 00:30:45

長くなりましたが、あと5日間、
大相撲を楽しみたいと思います。
ちなみに、タイトルにもした、行司さんが土俵の上で
「はっきょい のこったのこった」のはっきょいは
もともとの語源は「発気揚々」だったみたいですよ。
大相撲は深いですよね!!
おもしろいです。

(PC等)


[00357]☆はっきょいその3☆ 削除
投稿者:☆小泉エリ☆
投稿日時:2009/11/25 00:26:27

大相撲の楽しみ方が難しいなぁっと思った方は、
魁皇関の右手にご注目ください。
魁皇関が相手力士のまわしを右手で取った瞬間!!
会場が沸くんです!!
必ず勝たはるんですよぉ!!
魁皇関の存在は地元の方だけではなく、
全国、いや世界の大相撲ファンのみなさんに
勇気を与えます!!

(PC等)


[00356]☆はっきょいその2☆ 削除
投稿者:☆小泉エリ☆
投稿日時:2009/11/25 00:20:03

今は九州場所の真っ只中。
テレビと携帯のワンセグをフルに活用している私。
子供の頃から大好きな大関魁皇関がどんどん記録を
伸ばしてはるんです。
毎日が大はしゃぎです。
ご当地の福岡での記録更新というのは
ファンのわたしもうれしいです。

(PC等)


[00355]☆はっきょいその1☆ 削除
投稿者:☆小泉エリ☆
投稿日時:2009/11/25 00:15:41

なんか最近、私の周りに
大相撲ファンが増えてきました。
大相撲を好きな人が私の周りに集まってくるのか、
私が大相撲を好きな人の周りに寄っていっているのか・・・。
どちらか分からないですが
どちらでもいいんです。

(PC等)


[00354]恩師その4 削除
投稿者:小泉エリ
投稿日時:2009/10/28 12:15:57

残念ながら団体戦は結果を残せず・・・。
でも個人戦ではなんとか京都府でベスト16までがんばれました。
今の仕事がしんどいときにでもがんばれているのはまさにこの経験があったからなんです。
みなさんは忘れられない恩師がいますか??

(PC等)


[00353]恩師その3 削除
投稿者:小泉エリ
投稿日時:2009/10/28 12:15:08

最後の大会の試合中、試合で苦戦している私の後ろから聞き覚えのある声が。
「おもいっきりいけ〜!!」
先生や!!そうなんです。最後の大会を必死で、応援してくれてはったのです。
しかも顧問の先生じゃないので同じフロアーで応援することはできないので
観客に混じって・・・。

(PC等)


[00352]恩師その2 削除
投稿者:小泉エリ
投稿日時:2009/10/28 12:13:53

もともと運動おんちの私。
試合ではなかなか活躍できず、目立たない存在でした。
「でもいつかは学校を代表するように大活躍したい!!」
必死でした。
2年生の夏の大会ではなんと団体戦ですが京都府の大会で銀メダルをもらえたのです!!
でもその顧問の先生が別の中学校に転勤されることに・・・。
3年生になってからはほかの中学校に負けたりと、
自分たちだけでの力のなさを痛感しました。

(PC等)


[00351]恩師その1 削除
投稿者:小泉エリ
投稿日時:2009/10/28 12:12:35

 この前、取材で恩師からの心に残っている言葉を
たずねられました。真っ先に思い出したのは中学時代の卓球部の先生。
気軽に入った部活動のはずが・・・。男女関係なく、指導が厳しい顧問の先生がおられました。
それは学校以外の一般の卓球クラブで活躍している選手に大会で
できるだけ同じレベルにするため。それはそれは厳しい練習が毎日続きました。

(PC等)
    次ページ