トップ 新聞雑誌掲載 朝日新聞掲載記事
朝日新聞東京版掲載(H14,12,1) 『小泉マジック鮮やか』支持率『首相』より上?  吉本の手品師 
 首相、手品で景気回復をお手伝いしますよ-。青梅市民会館で30日、小泉首相似の手品師、横木ジョージさん(48)が小泉政治をテーマにした手品『小泉マジックショー』を披露した。京都府在住の横木さんが東京の舞台でこのネタを披露するのは初めて。効果の現れない景気対策で首相批判も高まるが、会場は笑い声に包まれた。
 吉本興業に所属する横木さんは、小泉首相が厚相の時から『似ている』と言われていた。昨年4月、小泉内閣発足を機に小泉政治を題材にした手品を、大阪の劇場を中心に行い評判になった。
この日は青梅市教委などが主催する『市民劇場』に漫才師や落語家と出演した。X JAPANの『フォーエバーラブ』をバックに、ライオンヘアに地味なグレーのスーツ姿で登場した。
 袋の中に鏡を入れて、何の抵抗もなく針を通す『抵抗勢力マジック』や、白い紙切れが千円札や一万円札に変わる『景気回復マジック』などを披露した。観客の手にギロチンの刃を通す『痛みに耐えるマジック』では『よく頑張った。感動した!』と絶叫。参加した観客に表彰状を手渡した。
 田中前外相の更迭直後など、、小泉内閣の支持率が下がったこともあったが、観客受けの良さは変わらないという。
 役20万円のかつらやスーツ、ネクタイなど自腹でそろえた。『元が取れるまで小泉首相には頑張ってもらわないと』と話している。
(平成14年12月1日(日)朝日新聞・東京版)