(平成14年8月5日)東京新聞に横木ジョージの記事が掲載されました。
マジックとの出会い、テクニックを売り物にするスライハンドマジックや、豪華なイリュージョンマジックを中心に、本格派マジックを行ってきたマジックに加え、新たなお笑いとのコラボレーションマジックの分野、特に今や『マジック界の総理大臣・横木ジョージの国会マジック』という、独創的なマジックショーにも挑戦している近況などについての記事が掲載されました。
 トップ目次項目には特報として『首相似マジシャン』として掲載されました。記事は2面にまたがって大きく紹介され、今まで関西が主に活動の中心であったため、関西では相当の知名度が高まってきていたが、関東の地域の人々にはまだ十分に知れ渡ることが無かった『マジック界の総理大臣・横木ジョージ』の名。
今回の東京新聞の記事掲載により、更に知名度を上げることになった今回の掲載です。
(東京より数日後れで中部地区・中日新聞で同記事が掲載されたようです。)
(ページ右)
今積極的に取り組んでいる、『国会マジックショー』
小泉総理大臣にそっくりなマジシャン『横木ジョージ』が小泉内閣で繰り広げられる国会をヒントにお笑いとマジックのコラボレーションマジックなどの紹介
(左ページ)
横木ジョージのマジックとの出会い、お小遣いを貯めては何時間もかけて百貨店のマジックショップ通った少年時代のこと、社会人になってからでも捨てきれないマジシャンへの思いなどを中心に掲載
画像クリックで拡大され、内容を読むことが出来ます。左右どちらかの範囲をクリックして下さい
トップ 新聞雑誌掲載 東京新聞掲載