トップ 新聞・雑誌掲載記事 デイリースポーツ掲載
平成14年3月31日(日)デイリースポーツ掲載
舞台てんこもり
NGKドッカンスペシャル「横木ジョージの国会マジックショー」 
吉本興業の”小泉首相”とお笑いコンビ・ショウショウの国会マジックショー=写真=が昨夏に続きパワーアップして再登場している。今回は田中真紀子前外相更迭、鈴木宗男衆院議員の問題を取り上げたワイドショー顔負けのモノマネマジックが楽しめる。
 横木ふんする小泉首相がNGK会場を舞台に繰り広げるドタバタ劇。まずはショウショウ・昇平ふんする田中真紀子衆院議員に「更迭マジック」だ。首に剣を突き刺すマジックで、クビ=更迭を意味しているとか。
 続いて支持率の低下した首相に番記者(ショウショウ・昇司)が「首相、今の状態をマジックで表現してください」と迫る。すると首相は「揺れる小泉首相」と、自ら浮き上がって左右に揺れるマジックを披露する。
 今回は時の人・宗男議員も登場。おなじみのパフォーマンスで「なんだね、君は!」と小泉首相を”恫喝(どうかつ)する。しかし小泉首相は抵抗勢力に屈しない。宗男議員の胴体を電動ノコギリで真っ二つ!!に。宗男議員は「やめてくれ〜」と悲鳴を上げながら「痛みを伴うマジック」に耐える。
 もはやマジックそのものよりコントの方がメーンとなっている。昇平演じる真紀子、宗男議員のモノマネが「ベタでおもろい」魅力だ。辻元清美氏の政策秘書問題で、宗男議員が”過去の人”になってしまったのは残念だが・・・。永田町の国会に負けずNGK国会もこの春、非常に熱い。